バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

私は学生の時

38歳 女性

私は学生の時、仕送りも少なかったので、自分で色々アルバイトをしていました。

ですが、学業や部活も合ったので、生活していく上で必要な金額が稼げればいいということで、ある程度自分で目安を設けて、今月は働きすぎているからちょっとセーブしよう、などと調整していました。
だからバイト代で税金を払うほどの金額になったことはありません。
ですが、友人は塾講師の仕事をしていて、毎日塾で生徒さんを教えていました。
社員さんよりも能力があり、また生徒や保護者からの評判も良かったため、必然と受ける生徒数や授業数が多くなって、気が付けば税金を払わなければいけないほど働いていたそうです。

そこで塾の経理さんと相談したり、自分で受け持った生徒さんをしっかり合格させたいという自分の気持ちを優先して、バイト時間を減らさず、しっかり所得税も払って、勤め上げたようです。

だいたい学生のうちから所得税なんてと思ってセーブする人が多い中で、見上げた根性と志だなとその友人をとても尊敬しました。

バイトと税金についてですが

38歳 男性

バイトと税金についてですが、私の経験を言いますと、就職前にバイトをしていたのですが、就職の1週間ほど前までバイトをしていました。

それが1月から3月までだったのですが、ほぼ毎日働いていたので、税金の対象となっていました。
これは就職先にも相談したのですが、そのままでということにしていると、翌年になってから、確定申告をするように税務署から連絡があり、自分で確定申告をする羽目になりました。

本来は、就職先とおそらく合算して税務署に出してもらうべきだったのでしょうが、当時は無知だったため、これは大いに反省する材料となりました。

このように、バイトは多く稼ぐと、税金の問題が出てくるので、注意が必要です。
特に就職先とのからみで、税金の処理の問題が発生するので、まずは就職先に相談が必要になると思います。
私の場合には相談したにも関わらず、適切なアドバイスがもらえなかったわけですが、よく知っておくべきだと思いました。

Copyright 2016 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.